子どもとの関係を改善し、問題行動に対応する方法
里親のためのトレーニングプログラム

フォスタリングチェンジ研修会 参加者募集
参加ご希望の方は→下のフォームか、NPO法人里親子支援機関えがお まで連絡ください。

→フォスタリングチェンジ研修会チラシ[PDF]はこちら

フォスタリング チェンジ プログラム

思春期(12歳以上)コース

毎週火曜×12回(4/26終了予定)
2022.2.8(tue)スタート
10:00〜13:00
《12月〜1月事前家庭訪問》

新型コロナの影響や天候警報等で日程が延期や中止の場合もあります

  • 場 所:門真市民プラザ3F 第一会議室他
  • 定 員:先着 6名程度まで
  • 参加費:3,000円(12回分)*資料代など

養子縁組里親、はぐくみホームどちらでも参加できます。

フォスタリングチェンジプログラムとは

1999年 イギリスで開発
「アタッチメント理論」「社会的学習理論」「認知行動理論」に基づき、ペアレントトレーニングも取り入れ
「子どもの長所に焦点を当て、里親自身が自分で考えて対応できるようになること」
を目指した画期的で実践的なプログラムです。

お問合せ・お申込み
大阪府里親会・里親子支援機関えがお
Tel.072-800-3253
Fax.072-800-3257


3ヶ月間、ぜひ一緒に歩んでいきましょう!

3時間半×連続毎週12回
*欠席された場合は必ず補講します*

ファシリテーターと一緒に学びましょう!

プログラムをリードする人はベテラン里親と里親支援専門相談員で構成されています。
ファシリテーター:高橋・牧野
開催までにファイシリテーターメンバーの変更増員あり

内容

第1週
グループの創設
肯定的行動と問題行動の特定
第2週
アタッチメントの発達
報酬
第3週
ニーズと行動
代替行動に的を絞る
第4週
感情に名前をつける
ほめることを使って学習支援
第5週
メンタルヘルスのサインと症状
リフレクティブ・リスニング
第6週
学習をサポートする
NATsをPATsに変換する
第7週
若者の前向きなアイデンティティを促進
新たな行動やルーティンの構築
第8週
アサーティブ・コミュニケーション
選択的無視
第9週
ポジティブ・ディシプリン
効果的な結果
第10週
肯定的なエンディング
社会的看護の若者と問題解決
第11週
感情をマネージする
危険な行動への対応
第12週
ストレスのサインや症状に気付く
自分自身を大切にすること

*欠席(補講)2回までは修了書を授与いたします*
このプログラムは12歳以下向きです。12歳以上のプログラムも有ります。


  • 事前家庭訪問
    スタートのおよそ1〜2か月前
    プログラムの説明などを行います
  • プログラム実施
    2月〜4月(12週間)
  • コース後の振り返り
    数ヶ月ごとに修了者同窓会

受講者の感想
2021年2月〜4月

  • 自分から学校生活や思っていることを話す回数が増えて会話を楽しめる関係になった。
  • 会話が増えた。
  • 会話を楽しめる関係になった。
  • 私を無視することが減少した。
  • 私に笑顔を見せる事がある。
  • ものの見方が変わった。
  • 一歩引いて考えることができた。

    参加申し込み

    お名前

    ※修了証書にそのままのつづりで記入されます。お間違いないように記入してください。

    所属(はぐくみ・養子・FH)
    住所


    駐車スペース 

    ※家庭訪問のため必要になります

    お子さんの年齢
    携帯電話
    備考・問い合わせ

    保育申し込み(2歳〜小学生)

    お子様の名前
    お子様の年齢と性別
    歳 
    アレルギーの有無
    お申し込み内容を送信いたしました

    フォスタリング チェンジ プログラムへのお申し込みありがとうございました。